ミリタリーオタク的に米海兵隊のMV-22オスプレイを被災地輸送に活用することは、大いに賛成です。

今現在、残念ながらMV-22オスプレイに相当する機体を我が国の自衛隊は持っていません。
購入を決定し配備される前の段階です。
また、購入し配備したから直ぐに運用出来るものではなく、実際に運用されるまでにはパイロットや
地上整備士の養成が必要になり、また、実際に飛ばしての運用方法の検討や機体の特性を確認
するまでに数年は必要でしょう。

それらを既に終えているのが、今回の在日米海兵隊が持つMV22オスプレイになります。

本来ならもっと早く在日米軍に派遣要請を行っても良かったのでは?とも思いますが、発生直後は
本震が一度で、自衛隊のみで行えるとの判断が、後に更に大きな地震が発生し、より広範囲に及び
ここまで地震が頻発するとは誰も想像出来なかった以上、致し方無いでしょう。

防衛省 オスプレイについて PDF資料リンク

【追記 防衛省の資料ですので一番わかり易いと思います、と言っても毛嫌いしている方は読まない
でしょうねー それにCH46シーホークは古い機体(米海兵隊が使用していた)との比較ですので、
今回私が便宜上取り上げたCH47チヌークとは異なる機体です。
安全性や運用実績についても書かれていますので読んで欲しいですが、防衛省の資料は嘘と
決めつけてしまうのもね~】

オスプレイの事故率について PDFリンク
【米軍内で使用されている航空機の中での事故率です、一部新聞で民間機との比較が有りましたが
あの記事は誤りです。あくまでも軍用機としての過酷な運用の中での事故率です。
飛ぶ以上、落ちる可能性はある、でも、確率的に航空機の墜落より自動車事故の方が多い】

本題に戻して、報道や一部左系の方のTwitter等でオスプレイに対してネガティブな書き込みや報道
を見ると、なぜオスプレイが槍玉に上がるのか?とても不思議です。

まるでオスプレイが米軍の象徴であり、軍と言うものへのアレルギーの様に思えますが、これだけの
広範囲の地域で地上の交通網が遮断された中では、ヘリコプターによる機動的な運用は不可欠
であり、その中にあってチルトローターのMV22オスプレイは従来のヘリコプターに無い利点を
持っているとの認識に改めて欲しいと考えます。

具体的なスペック等を書くと、ミリオタの独善と云われるので、視覚的にしたいと思います。
実機の写真は残念ながら持ち合わせませんので、1/144スケールの模型で表します。
MV22 CH47
 左側が米海兵隊MV-22オスプレイ 右側が陸自CH-47です。
MV22 CH47 2
 機体の大きさ的にはほぼ同じくらいです。
ですが、大きな違いは飛べる速さと遠くへ飛べる距離がオスプレイの方がほぼ倍の能力を
持っています。
【但しオスプレイの積載能力はCH47には及びません、その分速度と航続距離は長い】

つまり、より遠くへ、より速く飛べる事は、より迅速に物資輸送ができる事になります。
MV22 CH47 3
 次は、左MV-22  中央 陸自UH-1 現在の主力輸送ヘリです。 右陸自CH47大型ヘリです。
CH47 大きさ3
 上から見ると、手前のUH-1とその他大型のMV-22とCH-47の大きさの違いがよく分かると
思いますが、この違いは荷物を積む量と飛べる距離に関係してきます。

また、回転翼を見てもらえれば大きな機体を待ち上げるためには強力なエンジンと回転翼による
下へ風を押し下げる力が必要になります。
【被災地近くで、空を飛ぶCH-47(自衛隊機)の写真を撮って、ローターが2つだから
オスプレイだ怖い!来るな!とかツイートしてる奴も可怪しいよ、何のために彼らは来ているのか
理解してるのか?】

今回の一部報道等で、オスプレイが着陸する前に自衛隊員が散水車でグラウンドに水を撒きました、
水不足なのに水を撒くとは?と有りましたが、強力なエンジンを持つオスプレイが降下着陸する際、
下への風が発生し砂煙を巻き上げてしまいます。

近くに居られであろう、避難民へ砂煙が多く行かないようにとの自衛隊員の心遣いを理解せずに
報道された事に、何を見ての報道なのか?という思いです。

その着陸したオスプレイからは大量の食料、飲料水、生活物資が降ろされました。
何のためにオスプレイは来たのでしょうか?

そして、CH47に対して倍の速度を持って、折り返し荷物を運んでいます。
つまり、オスプレイで有れば、CH47と同等の荷物を速さが早いために二度往復することが出来る。
二倍の働きが出来たのであれば、それだけ避難民の方たちへの物資が行えた事を伝えないのは
本当に可怪しいと考えます。
【遅くても、大量に一度にというニーズにはCH47があっている、この辺りは運用方法】
ch47 大きさ
 報道関係者は実際に目の前で、大型ヘリの大きさを知っていると思います。
どれだけの荷物を運べるのか?
CH47 大きさ2
 また、大型ヘリと中型ヘリでの運用方法も異なる事も!
なぜ報道しないのか?

大型ヘリは拠点と拠点の間をピストン輸送し被災地以外の外の地域から支援物資を運ぶ役目
今回はMV-22やCH47がその任務にあたり、被災地の拠点からさらに細かいデリバリーを中型ヘリ
が行う、または、被災者の救護活動に使われているという、任務や特性を理解して報道する
必要があると考えます。

最近の報道の記者(棒読みの奴ばかりで自分の知識と言葉を知らない人)、コメンテーターも軍事
的な知識が無いままに報道をするので、相当な誤解が生まれて要ると感じる。

今回、米海兵隊の援助活動により、今の時点で2日程しか経過していないが、MV-22オスプレイ
の有効性は実証されたとおもう。

それでも尚、MV-22オスプレイを敵視するような言動が見られることに、本当に歯痒い思いがある。

今、必要なのは被災地に迅速に物資を輸送し、一人でも多くの人に手を差し伸べる事であり、
その為には、使えるものは使う事が大事だと、その中でヘリコプターの運用が大事だとわかった
のなら、報道で使用しているヘリを物資の集積拠点から個々の避難場所への輸送手段に使用
すればいい。

個々の避難場所の多くは小学校や中学校、町役場、病院などであり、大型のヘリやオスプレイ
は近づくのが難しい、だが、報道で使用している中型や小型ヘリなら十分に使えるはずだ。
もちろん二次災害の懸念もあるので余程の腕のパイロットしかさせないことは前提だが!

いい加減、報道も全ての局が我先にと行く必要は無いだろうに、地域での放送局に任せて
いいのでは?視聴率競争をするようなことでは無いだろうに

その分ヘリを被災地支援に回せばいいし、現地に入るスタッフが減れば、被災地の食料も
水もガソリンも少しでも本当に必要な人のところへ回すべきだと考える。

【追記 自衛隊のヘリ保有機数について
平成26年度 自衛隊保有機数 リンク 
こちらに自衛隊機の保有機数が掲載されています。
輸送に使えるヘリコプターについてピックアップしてみます。
陸自 UH-1  141機 汎用
   CH-47  58機 輸送
   UH-60     36機 汎用
空自 CH-47     15機 輸送
海自 SH-60     85機 対潜哨戒ヘリ
   MH-53      6機 機雷掃海ヘリ
   MCH101   5機 機雷掃海ヘリ
海自のヘリは掃海、哨戒任務の為、今回は見送り 東北の場合は津波の為活躍しました

陸自と空自の汎用と輸送ヘリの総数は 250機有ります、この内約20%は整備中などと考えると
残りは200機 この内各地方での輸送任務などに必要と成るのが150機程度と成れば、今回の
九州地方に展開出来るのは50機程と成ります。勿論交代も必要ですから、上の通常任務の
機体と入れ替える必要も考えれば、現在の自衛隊が投入出来るヘリコプターの機数は50機
程度と成ります。ここに在日米海兵隊のMV22が4機加わることは大きな輸送力になると考えます。

なぜMV22なのか?3年程前に在日米海兵隊の輸送部隊の使用機体が老朽化したCH46から
MV22に更新された為、現在の米海兵隊の主力輸送機がMV22だったということだと思います。

もし、米空軍や陸軍が駐留しているなら、空軍ならCV-22オスプレイかCH-60が投入されるし
陸軍ならUH-60が選ばれたと思います、但し、日本には米空軍、陸軍の輸送部門のヘリは
数が少ない上、陸上自衛隊との共同演習を実務上一番行っているのは米海兵隊ですので
自ずと出張って来るのは海兵隊になると考えます。陸自も連携が取りやすいのは海兵隊
ですし、海自の輸送艦おおすみやヘリ護衛艦ひゅうがなどとの連携も海兵隊の方がスムーズ
だと云う点は、今までの共同演習の実施回数からも理解しやすいと考えます。

CV-22オスプレイの資料 PDFリンク

まあ、日本政府が米政府に要請すると成れば海兵隊になるのは当然ですし、今後自衛隊へ
オスプレイを導入する以上、実際に使えるものなのかの検証も出来てよかったのでは?
と考えます。
まあ、こういう風に書くと、ほら見たことか!って成るのでしょうが、使えるものを使う 
基本的な事は、この一点にあり、今使えるリソースをみすみす捨てる必要は無いと考えて
欲しいのですが、まあ、イデオロギーやアホな信念の前には理解し難いのでしょう

目の前に助けを求める人が入れば、先ずは助けられる最善を尽くす それだけ何だと思います。

検証をするのは、この震災が収束した後に、行えばいい話ですよね!
そう、東北の大震災の時の政府の対応を今一度検証してはどうなのか?

当時の政権与党は一体何処の党でしたっけ?
その党の成れの果ての野党の誰かさんが、こんな大変な時期にオスプレイは要らない!
なんてよく言えたものだと感心します。

やっぱり、東北の震災の復旧の足かせになったのは当時の政権与党だった民主党であり、
現在の民進党の連中に問題が有ったと考えますね

未だに当時のアホ元首相もふざけた事を抜かしてるし、絶対に二度と政権には付かせては
行けない連中だということが、今回の震災を通じて痛感している、これからは絶対に、この系統
の党には投票しない!】

後、野党の連中ね 個々ぞとばかり与党批判だけど
この震災が一段落するまで、国会を休会にしたら、総理以下、今は震災への対応に専念させ
ればいいじゃないのか?
今は、党利党略ではなく、被災者保護と救済が最優先のはずですよね!

休会にして、国会議員全員手弁当で被災地に入って、自衛隊員向けの炊き出しをやってこい!

自衛隊員は被災者への炊き出しはやっても、自分たちはミリメシの冷や飯食って頑張って
くれているのに!

そういうことを知らずに、オスプレイ反対だの、自衛隊の活動を制限したりするのは可怪しいと
思うし、そういう奴らのほうが売国奴だと思うね!【実際、反対している国会議員さんの多くは
日本人というより、帰化人の人が多いみたいですけどねー 何処の国の為に働いてるのか?】

それに、全く被災地と関係無い人間が、避難所を回って炊き出しの食事をもらってツイートしてる
奴とか火事場泥棒とかこいつらも何とかして欲しいです。
今回の地震はかなり酷い事が多いように感じる。

被災地が一日も速く、平穏な日々を取り戻せますように!祈るばかりです。

【最後に書き忘れていました。
本当にオスプレイが日本の防衛に必要なのか?という点に置いて検証は必要だと思っています。
問題点は調達コスト 一機100億近い金額、勿論整備、備品、要員養成のコスト等も含めれば
妥当なのかな?とも思わないでも無いですが、それでも高価だと言う点は否めない。
自衛隊の主力ヘリUH-1の後継機を充実した方が良いのでは?と思う部分も有ります。
もちろん、オスプレイの航続距離とヘリよりも速い巡航速度は必要な場面も有りますが
航空機で代替出来る部分もあり、本当に高価なティルトトローターが必要なのか?
は少し疑問に思う部分があります。

事故率等は運用と整備の問題だと思っていますので、自衛隊のメンテなら問題なかろうと思い
ますが、そのコストに見合う性能と能力を発揮出来るのか?

まあ、その能力を発揮する場面が来ないのが一番ですし、抑止力として短時間で自衛隊の
初期強襲部隊が展開できるという点を侵略を意図している側に知らしめる意味では有効だとも
考えます。

ミリオタなので、新しい形態のティルトローター機が今後の主力として運用される事に期待も
ありますので、基本的にはオスプレイの導入運用には賛成ですが、一納税者としては、
費用対効果として最大限有効に使って欲しいと考えると、コストに見合うのか?との懸念を
もっています。これは今後の運用を見守る事が大事でしょう。

近い将来、都市間コミューターとしてティルトローター機は有効なのでは?と考えています。
わざわざ遠くの空港まで行かずとも、都市部のビル屋上の駐機場から乗り込み、目的の都市の
ビルまで飛ぶようなコミューターが出来れば、車の渋滞も無いし、電車よりも速達性が高いので
あれば有効だと思います。
何より大規模な空港設備はいらないので、都市間交通としての長距離バスの代替に成らないかな?
と思えば、有効性が大きいと思うのですが?
ティルトローター輸送機の本来の役目だと思っています。】

まあ、何だかんだ書いても、結局は震災時には使えるものを適材適所に使えということです。

後は、終わってから検証して、次の災害時にはより良い運用を構築すること。
それにはそろそろ日本もFEMA 緊急事態庁を設置して統合的な災害時の対応が望まれる。

今、政治家が考えることは、今の災害の復旧復興も大事だが、次の災害に備えるには?
を考えることだよ!

利権を考えるなよ!また、復興需要を当て込んでる政治屋が居るだろうけど!

クローゼットの中のおもちゃ箱 セレクトショップ楽天ROOM リンク





Amazon ホビー カテゴリーリンク Amazon 鉄道模型 カテゴリーリンク
Amazon ラジコン カテゴリーリンク Amazon プラモデル カテゴリーリンク
Amazon エアガン カテゴリーリンク Amazon フィギュア・ドール カテゴリーリンク


送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場   【Yahoo!ショッピング】豊富な品揃え! 探しやすい! TAMIYA SHOP ONLINE  鉄道模型 ホビーサーチ キャラ&ホビー格安あみあみ 『駿河屋』 フィギュア・プラモデル【コトブキヤダイレクト】
鉄道コム