中休みを
チョット気になったので10式と比較
OLY60807_R
 全長はほぼ同じくらいですねー
OLY60808_R
OLY60809_R
幅は16式の方が少し狭い
OLY60810_R
OLY60811_R
車体の車高は16式の方が高い
う~ん コマツが開発に失敗した兵員輸送用装甲車を16式ベースで作れないか?との話が
出ているようですが・・・ちょっとどうでしょうねー
 OLY60821_R
米海兵隊のLAV25との比較、全長は16式が長く
OLY60822_R
車高はほぼ同じくらい
OLY60823_R
後部に乗降ドアが無い・・・まあ~この辺りは兵員装甲車化の時に改修出来るとして
OLY60824_R
 LAV25は車体下部がV字型になっており地雷やIEDといった爆発物の爆風を車体側面に逃す構造
になっていますが
OLY60825_R
16式も少しは成っているようですけど・・・平面の部分が多いのと車軸等の構造体が露出している
 OLY60812_R
LAV25は浮体構造とスクリューを持っており、ある程度の水上走行が可能になっていますが、16式
にはない。兵員輸送装甲車としては、水上走行は欲しいところですねー 島嶼防衛や水害災害
派遣などの際に有効だと思いますし
OLY60813_R
 16式を取り回すのは大変そうですよねー デカイし
OLY60814_R
OLY60815_R
OLY60816_R
 装甲車としては87式なども代替することになると思われるので、あまり大きいのもねー
OLY60817_R
OLY60818_R
そう思うとLAV25って丁度いいくらいの大きさなんだと思います
OLY60819_R
OLY60820_R
陸自はどうしても自前で用意したいだろうから、LAV25を導入することには何色示すでしょうけど
参考に数量導入して、三菱重工主体にコマツと協力させて作ったほうがいいと思いますねー
コマツには開発力が足りないし、技術的に16式の走破性や安定化の技術を取り入れて
水陸両用の兵員輸送用装甲車を作ってもらいたいもので・・・

陸自隊員の命を守る大切な装甲車なのでね~
装軌式は日本の場合取り回しにくいと考えると、装輪式の装甲車は必然ですので・・・

ある程度16式の部品と共通化出来ればコスト削減にもなるだろうし・・・

というか、最初から16式との共用を考えてメーカーに発注すればよかったのに
防衛装備庁の役人のアホさ加減ですねー

アメリカのストライカー旅団を参考にしているなら、そこまで参考にして統一した兵器体系を構築
することで、整備性、運用性、コスト低減を見越して開発すべきだと思います。





クローゼットの中のおもちゃ箱 セレクトショップ楽天ROOM リンク






Amazon ホビー カテゴリーリンク Amazon 鉄道模型 カテゴリーリンク
Amazon ラジコン カテゴリーリンク Amazon プラモデル カテゴリーリンク
Amazon エアガン カテゴリーリンク Amazon フィギュア・ドール カテゴリーリンク

鉄道コム