政府専用機 後継機選定 Boeing 777-300ER(長距離仕様)に決定

以前から、後継機問題が浮上していました、現政府専用機Boeing 747-400の後継機が
決定されました。
大方の様相通りといいますか、Boeing777-300ER(長距離仕様)に決定した様です。

政府専用機のB747は、現在国内の航空会社に整備委託をしていますが、各社共にB747を退役
させましたので、国内での整備が出来なくなります。
かといって、国外の会社へ整備委託と言うのは、政府専用機という機体で有る以上、警備上、保安上
の問題から、論外な話ですので、政府専用機も退役が余儀なくされます。

その後継機として、エアバスの350とボーイングの777が候補となっていましたが、国内のJAL ANA共に
運用しているB777が選定されたのは順当だと思いますし、また、国内での生産比率としてもB777は
準国産機という人もいるくらいに、ボーイングへの納品数の多い機体ですから、国内産業への配慮
として、また、米国への配慮も見受けられると思います。

B777でも、-300ERとの事ですので、標準の-200シリーズより、より座席数が多く(積載量が多い)
後続距離も長いタイプにするのは、政府専用機として、邦人救出任務や貴賓の海外渡航時の時間
短縮を考えると必要な機体と考えます。
邦人救出などの場合、現地へは一刻も早く着く必要がありますから、後続距離が長い機体であれば
一足飛びに、現地に向かい、邦人を救出した後、飛び立つ その後近隣の友好国の空港に降りて、
給油して、再び日本へという運用が可能になります。

気になる点としては、エンジンですね B747は4発機でしたが、B777は双発機になります。
エンジン性能が格段に上がったとは言え、もしもの事を考えた場合は4発機をと考えますが、
現在、ボーイングではB747以外は全て双発機ですので、この点は致し方ないでしょうね~

逆に、双発機だからこそ、燃費が良く、航続距離が長いということも事実ですが

さて、気になるのが塗装ですね
現政府専用機の白地に赤と金色のストライプに日の丸は、どなたのデザインか知りませんが、
日本の機体と直ぐに分かる素晴らしいデザインだと思いますので、踏襲して欲しいです。

現在、ダイキャスト飛行機模型は収集をやめていますが、B777-300ERの政府専用機は
欲しいですね~

さて、アメリカの大統領専用機(政府専用機は他にもありますので)のVC-25(B747 外観は-200なんですが
中身は-400+だとか?)は今後どうなるのでしょうかね?
やっぱり747にするんですかね~ 今もボーイングでは747ニュージェネレーションを作っていますし
ストレッチタイプのB747-9シリーズを使って欲しいですね~ 
ってアメリカも財政状態がアレですからね、B777に成るのかな?
それとも、まだまだB747かな 案外米軍って古い機体に新しいエンジンを換装して飛ばしていますからね~
まあ、今のオバマ大統領の間は無いでしょうね~ ビジネスライクらしいので、飛べば良いんでしょうから
それに外遊が好きでは無いようですしね!


送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場【Yahoo!ショッピング】豊富な品揃え! 探しやすい!TAMIYA SHOP ONLINE鉄道模型ホビーサーチキャラ&ホビー格安あみあみ『駿河屋』フィギュア・プラモデル【コトブキヤダイレクト】

次のブログランキングに参加しています!
モチベーションを維持するために、下のボタンを ☆ポチッ☆ とお願いします。
お手数ですが、よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へにほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ