嫌なニュース

昨日6月19日のニュースの中で、都議会において女性議員に対して発せられた言葉

男性で有る、私も聞いて驚きを覚えました。
まるで20年か30年程前の様な話だなと
21世紀にもなり、女性を軽視するような言動が、まさか都議会という公の議場で、
こう言う発言が出るのは、かなりみっともないなと感じました。

私にも嫁さんも娘もいますので、彼女達がこの様な言葉を浴びせかけられたとしたら
私は心外ですね

このヤジを飛ばした都議会の議員さんも、結婚もされ、子供もいると思いますが、
これを発した議員さんは、自分の嫁さんや子供が差別的な言葉を投げかけられても
何とも思わないのでしょうか?

この後、誰が発した言葉か分からないと、某最大会派の幹事長はほくそ笑みながら
コメントしていましたが、これもどうか?と思いますね

それより、この差別的言動をした本人は、速やかに名乗りでて、謝罪をするべきだと
思います。
言われたのは、議場に立った女性議員ではなく、それを見て聞いていた、全ての国民
に対して、謝るべきだと思います。
そして、速やかに議員を辞める事ですね!
こんな差別的な言動をする人に、都政や政治を語る資格はない。
それが、自分自身で出られないのなら、横で聞いた議員が告発するべきですね!
それをしないとするなら、横にいた議員も同じだと思います。

現環境大臣が発した事に対してより、より、こちらの方が責任は重いと感じます。
環境大臣は公の場で語った言葉ではなく、内々の場での会話を録音され、公表されました。
弁護するつもりは余りありませんし、品位にも掛ける話ですが(本人さんの品性ですから)
オフレコの場の言葉を取り上げた、マスコミ側と巨大与党に対抗出来ない、弱小野党が
小さいことで、突っついているだけの話でしかない。

それに比べて、こちらは都議会という公の場であり、議員による質疑に対してのヤジ
としても、看過できる様な内容では無いと考えます。

働く女性は大変です、私の所も息子が保育園に通っています。
多くの働く女性に、息子は助けられて大きくなります、同じように娘もそうです。
そう考えると、今回の都議が働く女性、保育や教育への質疑をしている時のヤジとしては
見過ごせる様な話の内容ではありません。

サッサと出てきて、議員を辞める事を願いたいです。
久しぶりに、ニュースを聞いて、嫌な感じを受けました。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村