宇宙戦艦ヤマト2199 ガミラス艦セット2 建造開始 ガイデロール級航宙戦艦 その3

一休み?ほぼ艦体は組みあがりました
DSC_1371_R.jpg
結構カッコいい船ですね
DSC_1372_R.jpg
この後、控えているのは クリピテラ級航宙駆逐艦2隻とサルバーSⅥ型重戦車

そんな訳で、今日は一休みです。

ガミラス側の戦艦、重巡洋艦、高速巡洋艦、後に駆逐艦を作成しますが、流石に重厚な感じがしますね!
地球連合艦隊の装備が陳腐に見えます。
実際、ヤマト以前の艦艇では、ガミラス側巡洋艦の装甲をぶち抜くのは大変なようなので!

科学技術の差が歴然としているのを、印象付けられますね!
宇宙空間という、方向性が見られない世界でも、重力に縛られた人間(地球人もガミラス人も)は、宇宙空間
に乗り出す、船にチャント喫水の様な物を設け、上下を区別していますね!

本来なら、全面に対しての装甲を厚くして、砲門も前方の360度撃てる様にするほうが、艦隊運用としては
使いやすそうなモノですが、そうなっていないのが面白いなと思います。
どの艦を見ても、喫水線の上に主砲を多く持って来て、喫水より下の部分にミサイルや魚雷の発射管が
並んでいます。

それに、魚雷とミサイルの区別は何か有るのでしょうかね?
地球上では、空中を飛翔する対艦、対空ミサイルと水中を高速に推進して対艦、対潜水艦用魚雷は明確に
ロケットブースターのついたミサイルとプロペラまたは圧縮ガスの魚雷とは区別出来ます。
が、宇宙空間でヤマトも魚雷発射!とか対空ミサイル撃て!とか言ってますが、宇宙空間ではプロペラ推進
は出来ないので、ロケットの形の個体なり液体の噴射により推進するものだと思うので、ミサイルも魚雷
も同じでは?なんて思ってしまいます。
多分、くじらとイルカの違いで、デカイのが魚雷(対艦船用)と小ぶりで小回りが効く誘導弾がミサイル?
と思って置きましょうか?

私の勝手な考証ですのであしからず!




TAMIYA SHOP ONLINE鉄道模型ホビーサーチキャラ&ホビー格安あみあみ
『駿河屋』フィギュア・プラモデル【コトブキヤダイレクト】送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場


次のブログランキングに参加しています!
モチベーションを維持するために、下のボタンを ☆ポチッ☆ とお願いします。
お手数ですが、よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へにほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ