鉄道模型 Nゲージ 日本国有鉄道 中・大型 蒸気機関車 

日本国有鉄道時代 蒸気機関車の中で、一番華やかな蒸気機関車では無いかと思います。
KATO製C62 これは18号機ですが、C622が有名ですね
私等はC6248かC6250の方が馴染みがあったりもしますが(分かる人は分かりますよね!
無限軌道をひた走る!万感の思いを込めて!)

私の場合、京都の梅小路博物館へ行けば実物を見ることも出来ます。
DSC_2385_R.jpg
レンズがじゃじゃ馬ですね ぶれてる 35mmF18の手持ちは無理ですね
DSC_2390_R.jpg
チャント置いて、タイマーでシャッターを落としましょう

次 KATO製 D51です。日本で一番多く作られた蒸気機関車です。
これは、現在関東の方でイベント列車に活躍していますね
DSC_2391_R.jpg
D51は梅小路でも見られます。
DSC_2392_R.jpg
DSC_2394_R.jpg
この数年の間にリニューアルされた、KATO及びTOMIXの蒸気機関車は素晴らしい出来です。

次は、そのTOMIXのC57
DSC_2395_R.jpg
貴婦人の相性の通り、上のC62のボイラーの太さと動輪の大きさ D51は実用機らしい、4輪動輪
とくらべて、ボイラーが細い割りには動輪が大きく、スラっとした印象が貴婦人の名前があっていると
思います。
DSC_2396_R.jpg
これは現在も大宮の博物館に展示されていますね!
DSC_2398_R.jpg
DSC_2399_R.jpg
蒸気機関車 もうノスタルジーの世界だとは思います。
個人的に蒸気機関車は好きです。煙、ロッドの動き、近くによった時の熱さ!、躍動感の有る音!
すべてがSLの面白さ楽しさだと思います。

さて、日本の蒸気機関車はいかがですか?
現在、日本のNゲージメーカーで蒸気機関車を発売しているメーカーはKATO TOMIX マイクロエース
です。
この中で、マイクロエースは再販をあまりしませんので、入手性が低いです。
対してKATOとTOMIXは定期的(スパンは長いですが)に再販しています。
但し、結構人気があり、予約して購入しないと、発売後直ぐに市場から無くなる傾向が強いです。

また、KATO TOMIX共に、蒸気機関車をリニューアル中です。
今までのスケールが、基本1/150に対してC11は1/140くらい 9600は1/145くらいでした。
これをファインスケール化していますし、現在の技術でのリニューアルですので、今回の
記事の様にスケール感とディティールが素晴らしいモノになっています。

初めて、蒸気機関車を購入されるなら、D51かC56でしょうか?
両方ともに貨客両用で使用された機関車です。
少しスケールが異なりますが、KATOの9600もいいです。

でも、私は蒸気機関車より電気機関車の方に心惹かれます。
蒸気機関車の様に、煙を吐くわけでもなく、ロッドが動くわけでもなく、近くによっても、ブロアーの
送風音くらいで、熱さも感じませんが
モクモクと重量物を大量に、高速で牽引すると言う点において、重量感とスピード感を感じます。

私のNゲージコレクションで、電気機関車が多い理由は、そこら辺に有ります。

次は、何にしますかね?



TAMIYA SHOP ONLINE鉄道模型ホビーサーチキャラ&ホビー格安あみあみ
『駿河屋』フィギュア・プラモデル【コトブキヤダイレクト】送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場


次のブログランキングに参加しています!
モチベーションを維持するために、下のボタンを ☆ポチッ☆ とお願いします。
お手数ですが、よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へにほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ