先日の土曜日 娘が13歳に成りました。
家族と食事に行ったり、プレゼントは中学に入ってから、部活に選んだバスケットでしたので
バスケシューズと何故か夏のポケモン映画の前売券

中学生になって、ポケモンは卒業なのかなと思ったら、まだまだの様で、映画に
行きたいと言いました。

今回は、映画館へは連れて行きますが、見るのは彼女一人にしてもらおうと思います。
また、秋にはポケモンのゲームが出るみたいですね~
欲しそうな感じです。

さて、彼女が中学に成りまして、学級委員を努めたり、部活も本格化し学校に慣れてきたのかな
と思っていました。

ところが、先週、嫁さんと私の前で泣き始めました。
どうやら、クラスの男の子にチョッカイを出されているらしく、クラス活動や班活動で
リーダーシップをとっている時に、チャチャを入れられているようです。
これが、結構続いているらしく、本人は結構気にしている様子でした。

その話の後、丁度、家庭訪問があり、件の事を先生に家内が相談しました。

どうやら、その男の子は以前から問題があり、他の男の子とも軋轢を産んで、問題化して
いるとの事でした。
学校、先生の方としても、対応をしている最中との事でしたので、しばらく様子を見る形
にしたいと思います。

中学でのイジメって、私の頃にも有りましたし、何時の時代にもあることでは有りますが、
早め早めに、この芽は摘み取ることが大事だと思います。

娘は、頑張る方の子ですので、今回私達の前で流した涙は、彼女からのSOSとして受け止め
早々に対応したいと思いました。

問題の男の子自身の問題も有りますが、我が子を守る事だけは、絶対に直ぐにしなければ
成らないと思います。

この件については、娘も家庭訪問に同席させ、どういう対応をするかを相談し、彼女自身にも
見える形にしました。
そうすることで、親が関心を持ち、また、学校もこちらが対応をする親だと分かってもらう必要が
あると思いました。

娘には、辛いかもしれませんが、問題の子から言われた事を書き出ささせて、それを教師に
渡し、履歴として残して置きました。

口頭で言った言わないの水掛け論に成らないように、この辺はしっかりと押さえたいと思って
います。

我が子を守るためにも、この点は親として、大人として、対応したいと思います。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村